説明会や面接での服装は何でも良いと言われました、本当でしょうか?

説明会や面接での服装は何でも良いと言われました、本当でしょうか?

 

たしかに、会社によっては説明会だけでなく、面接においても
「服装はスーツでなくても構いません。ラフな格好でお越しください」とサイトやメールに明記してある場合があります。

 

 

本当にラフな格好で参加する求職者もいらっしゃるかもしれませんが、
リクルートスーツで説明会や面接へ行かれることをオススメします。

 

その企業だけでなく、他の企業でも説明会や面接に参加されるでしょうから、リクルートスーツを着こなすという練習としても大切だからです。

 

企業側の意向でラフな格好で就業されてる場合もありますが、それは入社してから、そのような格好をされれば良いと考えます。
どの企業がそういう意向を本当に持ってるのかは個人では判断できないですから、ラフな格好と言われてもリクルートスーツでの参加をされた方が失礼もなく、あなた自身も気持ちが楽です。

 

 

これが就職活動でなくても同じです。仮にアルバイトの面接であっても、あまりにラフ過ぎる格好は印象が良いとは言えないです。
少し緊張感を持ってる意志表示を面接官に持ってもらうことも大切です。

 

就職活動となれば、能力だけでなく、あなたの人間性も見られています。
覚悟を持って説明会や面接に臨んでいるのかどうかです。それは、服装にも表れます。

 

ある意味、あなたの人間性が試されているとも言えるのです。
「◯◯と言われたから、そうしました」ではなく、自分でしっかり考えての行動であれば、失礼の無いように、
また、自分の気持ちをビシっとさせるためにもリクルートスーツを着るのが望ましいです。

 

 

社会人になれば、ドレスコード(服装の格好)というものが参加したり出席したりする場所により異なります。
わざわざスーツでお越しくださいとは明記してないです。そこは、自らがどういう格好をして行くのが賢明なのかを考える、わからなければ教えて頂くのです。

 

就職活動は、お見合いと一緒とも言われます。
つまり、第一印象が非常に大切なのです。清潔感のある格好が出来ているかどうかです。
そこで失敗すると、次に進めないこともあります。人間性が良くても見た目で判断されることは誰しも経験されてると思います。

 

就職活動ともなれば、多くの方が人生を賭けて応募されます。
ぜひとも、リクルートスーツでビシっと決めて望んで下さい。

 

もし、「必ずラフな格好でお越しください」と言われてるのであれば、ラフな格好が良いです。しかし、露出が多い服装はNGです。
企業はあなたの服装のセンスを観察したいわけですが、センスとは非常に曖昧です。あなたはセンスが良いと思う服装でも面接官にとってはそうでない可能性もあります。

 

 

 

その他の質問:
残業手当や休日出勤の手当は支払われるのでしょうか?
就職してからのスキルアップについてどう考えたらいいですか?
内定を承諾するか時間が欲しい場合どうすればいい?


TOP 高卒就職の流れ おすすめ求人サイト