求人サイトを利用するメリットとデメリット

求人サイトを利用するメリットとは?

今や転職活動の代名詞となった求人サイトですが、利用することのメリットはどんな点でしょう?

 

まず、自分の希望条件に合った求人を、大量の案件の中から直接検索することができるのが何よりの長所です。平日にハローワークに交通費をかけて出向かなくても、自宅で好きな時間に検索したりエントリーできます。

 

それから希望条件や履歴書を登録しておけば、スカウトメールや求人情報が毎日のように送信されてきます。電子メールですのでリンクをクリックすれば求人の詳細を確認でき、エントリー応募もできます。

 

求人を出す企業側としても、就職の意思が強い求職者の方々に向けて求人をアピールできるのですから、重宝されている媒体ですね。

 

これも企業側の目線になってしまいますが、ハローワークと違って求人サイトに求人を掲載するには費用がかかります。
その分企業も必死でして、求職者に対して詳細で丁寧な情報が載っていることが多いです。

 

また、お金をかけてでも働き手が欲しいという意識が強く、ハローワークで見られるような「カラ求人」(採用する気がないのに求人を掲載すること)がほぼ無いこともメリットに挙げられます。

 

 

 

求人サイトのデメリットってあるの?

求人サイトにもデメリットがあるのなら知っているほうがいいですよね。
まず企業側にとって都合のよいことしか広告として記載されていないので客観的にどうなのか、分かりにくい点が挙げられます。

 

それから求人サイトは人材エージェントに比較すると年収が高いといえない、大量採用の求人が目立ちます。サイトによってはエグゼクティブ求人はほとんど無いです。“この企業がこういう求人を出している”という内容が世の中に知れ渡ってもよい求人しか求人サイトには掲載されないので、真に美味しい案件は少なめです。

 

そして求人サイトからエントリーしても、面接の日時の調整など全部一人でこなさなければいけません。仮に求人サイトから転職先が決まっても、待遇に関する交渉などは全部一人でする必要があります。選考結果に関して、企業側のフィードバックや本音を知るチャンスが乏しいです。

 

「求人サイトは全部同じ」と考えないで、サイトによって個性がありますから、自分に向いた求人サイトを発掘して、うまく利用することをお勧めします。
使いづらい求人サイトは早々に見限って、別のサイトに登録して利用するなど、うまい使い方はたくさんあります。

 


TOP 高卒就職の流れ おすすめ求人サイト