面接当日に気を付けること

面接当日に気を付けること(交通手段の確認)

 高校を卒業して就職しようと活動し、念願の面接の呼び出しが来ました。このチャンスを予定時間を遅れてしまう等で台無しにしては溜まりません。何としても指定時刻には準備万端で臨みたいものです。ところが思わぬアクシデントに見舞われ、指定時刻に遅れてしまうこともあります。こうした事態を回避するためのコツを以下に挙げてみましょう。

 

1)通勤経路計算ソフト等の通勤時間はあくまで目安
特に東京の会社に向かう場合は当たり前のように遅延すると考えた方がいいでしょう。その為に常時10分から20分程度の遅れは見越して家を出ることです。更にバスを使う場合は尚更時間を多めに取って家を出るようにしましょう。ソフト上で表示される通勤時間プラス10〜20分、更にバス利用に際して10分程度余計に計算して家を出るようにしましょう。

 

2)持参品は完ぺきか
 面接時に持参するものはほとんどないと思われますが、中には就職する業務に関連する作品、例えばイラストや写真、業務と関連ある資格の合格証等等の持参を望まれることもありますので、前日の晩にちゃんと鞄に入っているかを確認しましょう。

 

3)飲料水の持参
 面接は緊張もあって想像以上に喉が渇きます。乾ききった口では明瞭な受け応えにも不自由さを感じることでしょう。こうしたことに対処するため、ミネラルウォーター等を携行していくといいでしょう。利尿作用が強いコーヒーやお茶系はここでは余りお勧めしません。

 

 

 

服装や持ち物について

 面接時に気を付けたいポイントは何といっても服装です。人との関係において、第一印象が記憶の中にあって、その人を判断するうえでの大きな要因として永い間残ることが知られています。面接においてこの第一印象を与えるのは服装です。この服装如何によって面接官の印象は良くも悪しくもなっていきます。

 

 そのポイントですが、高卒で初めての就職となれば、やはりリクルートスーツと呼ばれるものに身を包んで臨むことが無難でしょう。ビジネスマン経験がない、あるいは乏しいため、社会人としてのマナーを踏まえたスーツの着こなし方を知らないわけですから、お決まりのパターンをまねることが最善の方法です。これに関しては、市販の雑誌やハウツー本に写真やイラストで掲載されているものが多数ありますので、大いに参考にするといいでしょう。

 

 持ち物については、ティッシュやハンカチ、クシ、雨天の時や雨の予報があるときには折り畳み傘、冬場であれば手袋やマフラー、夏場であればフェイスウォッシュなどの汗拭き専門のペーパー類等、雨風や、暑さ寒さのせいで面接時に見苦しい格好で対してしまうことがないようにするためのコンパクトなそうした備えが必要となります。

 


TOP 高卒就職の流れ おすすめ求人サイト