高卒者の就職の流れ

 大学に行かずに高校を卒業して就職するというのは今の世の中では何も珍しいことではありません。学歴という面から見れば大卒に比べると不利になるのは確かですが、企業によっては高卒を求めているところも多くあるため、就職活動においてはそこまで厳しいという環境にはならないでしょう。しかしもちろん活動するのならしっかりやっていかないと就職することはできません。

 

就職前準備

 とにかく情報を集めることです。自己分析による「自分」の情報はもちろんのこと、今の社会による就職状況の流れや、企業の傾向といったものもあります。もちろん若いからといって仕事をするようになれば1人の社会人として見られることになりますので、基本的な社会マナーの勉強もしておきましょう。

 

関連記事

 

求人情報を探す

 求人探し自体には苦労しない立場ですが、それでも自分に合ったいい求人に出会いたいのなら求人サイトを始めとして、雑誌やハローワークといった様々な媒体のものを利用するのが大事です。しかし一方で情報が多くなりすぎると整理できなくなってきてしまいますので、適度に多く利用するのがよいです。

 

関連記事

 

履歴書の書き方

 職歴は書く必要がないと思いますが、アルバイトで活躍した部分があればそれを書いておくといいでしょう。もちろん資格も大きな武器となります。特に選んだ職種に関連したものなら間違いはないので、それらも書いておきましょう。履歴書の書き方の基本ができていれば問題はないので、履歴書の書き方に関してしっかりと理解しておきましょう。

 

関連記事

 

面接対応

 高卒となれば仕事のことが聞かれる可能性は低いので、聞かれたことに正直に答えていけば問題はないです。ただ仕事の経験が問われないとなれば志望動機と自己PRがどれだけできるかがポイントとなってくるので、あらかじめどちらも適した長さのものを考えておきましょう。職種によってアピールする部分を変えるのも大事です。

 

関連記事

 

入社準備

 高卒となればそこまで多くのものを用意する必要はありませんが、逆をいえばだからこそ用意すべきものはしっかりと用意する必要が出てきます。相手の話や説明をしっかり聞くことができるかどうかも問われることになるので、何を用意すればいいのかしっかり聞いて、余裕を持って用意できるようにしましょう。

 

関連記事

 

 


TOP 高卒就職の流れ おすすめ求人サイト